国際結婚をされて生まれたお子さんが、2つ以上の国籍を持つ場合があります。

 

日本国内で生まれた、外国人の父と日本人の母の子の場合、父の国が血統主義であれば父の国の国籍と日本国籍の2つの国籍を得ることになります。

日本人の父と母の子が、生地主義の国(例えばアメリカ)で生まれた場合、その国(アメリカ)の国籍と日本国籍の2つの国籍を得ることになります。

ドイツ人の父と日本人の母の子が、生地主義の国(例えばアメリカ)で生まれた場合だと、その国の国籍(アメリカ)、ドイツ国籍、日本国籍の3つの国籍を得ることになります。

 

海外でお子さんが生まれたときの必要な手続きに「国籍留保の届け出」があります。

この手続きが必要な場合とは、

1.出生によって外国の国籍を取得したこと

2.日本国民であること

3.日本国外で生まれたこと

この3つともに当てはまるときに必要となります。

 

これは重国籍を防止するためのものですので、一部の例外を除き、この要件に当てはまる全ての子が対象となります。

国籍留保をしないと、子は出生のときから日本国籍を失ってしまうことになりますので注意が必要です。生まれた時から3か月以内です。

ただ、海外で出産した場合の出生届には、あらかじめ国籍留保の欄がありますので、サインと押印をすれば国籍留保したことになります。

口頭(その国にある日本大使館、領事館などに出頭してする)と書面での届け出があります。また、日本で子の本籍地にも届け出はできます。

〈届出人〉

嫡出子⇒父又は母

非嫡出子又は子の出生前に父母が離婚しているとき⇒母又は法定代理人

 

国籍留保すると戸籍にその旨の記載がされます。重国籍になりますが、子の意思によってのちに国籍選択をすることで重国籍は解消されます。

 

≪国籍選択≫

日本国籍と外国の国籍を持つことになった時が20才になる前である場合は、22歳になるまでにいずれかの国籍を選ぶ必要があります。

また、重国籍となったのが20才になった後の場合は、その時から2年以内に国籍を選択しなければなりません(例えば外国に帰化した場合など)

期限までに国籍の選択をしなかったときは、法務大臣から国籍選択の催告を受けます。場合によっては日本国籍を失うこともあります。

また、昭和59年の国籍法改正前から重国籍となっている場合で、施行日の昭和60年1月1日現在で20才未満の方は22歳に達するまでに国籍の選択が必要でしたが、この期限までに選択していなかった場合は、期限到来した時に日本国籍の選択宣言をしたものとみなされます。

 

 

国籍選択の方法は、日本の国籍を選択する場合外国の国籍を選択する場合があります。

 

日本の国籍を選択する場合は、外国の国籍を離脱する方法日本国籍の選択の宣言をする方法があります。

外国の国籍を離脱する場合は、日本国籍以外の全ての外国国籍を離脱する必要があります。また、その国に国籍離脱の制度がある場合に可能です。

国によっては制限を設けていたり、離脱を認めていない国もありますので、その国の法律を知る必要があります。

 

外国の国籍を離脱する⇒「外国国籍喪失届」の提出⇒日本国籍のみとなる

日本国籍の選択の宣言をする⇒「国籍選択届」の提出⇒※

※⇒外国国籍の喪失をする⇒日本国籍のみとなる

※⇒外国国籍の喪失をしない⇒外国国籍の離脱の努力が必要

 

国籍選択届には「日本の国籍を選択し、外国の国籍を放棄します」と記載があります。

提出することで、戸籍に選択をしたことが記載され、以後国籍の選択の催告を受けることはありません。

ただし、日本の国籍を選択しただけで当然にその外国国籍が喪失するかはその国の法律によります。自動的に無くなるとする国は少ないようです。

そして喪失してないからといって、その外国籍の権利を使ってはいけません。場合によっては法務大臣より日本国籍の喪失宣告をされることもあります。

 

 

外国の国籍を選択する場合は、日本国籍を離脱する方法と外国の法令による外国国籍の選択の方法があります。

日本国籍を離脱する場合⇒国籍離脱届の提出⇒外国国籍のみ

外国の法令による外国国籍を選択する場合⇒国籍喪失届の提出⇒外国国籍のみ

外国の法令による外国国籍の選択は、その外国に国籍選択の制度が採用されている場合にすることができます。

 

 

2つの国籍を持っているということは、両方の国の法律に関わってきますので、いずれの国籍を選択するときでもその国の法律ではどのようになっているのか知ることが大切です。

どんな手続きが必要か知らなかったことは、手続きが出来なかったことの理由とは認めてもらえないこともありますので、可能性のある場合は事前に知っておく必要があるでしょう。