妻(配偶者)を日本に呼ぶ〈家族滞在-Dependent〉

 
【ストーリー】
夫(ロシア国籍)ミハイルさん

在留資格「経営・管理」
3年前から大阪で、友人と共に輸入雑貨店を営んでいます。

元々アジア雑貨が大好きで、色んな国を巡っていました。
満を持して日本でお店を開き、世界の生活雑貨を買い付けて販売しています。
現在はアルバイト店員も雇って順調です。
売上も安定してきました。
ロシアにいる、現在は結婚してとなった彼女を日本に呼び、一緒に暮らしたい。

 
 

妻(ロシア国籍)ソフィアさん

現在はロシア在住です。
1年前に日本にいる婚約中の彼とロシアで結婚しました。

夫と一緒に日本で暮らすため、在留資格「家族滞在」の取得を希望しています。

 

まだまだ新婚のミハイルさんとソフィアさん。
早く一緒に暮らしたいですね。
そのために必要なのは、ソフィアさんの在留資格「家族滞在」です。

 

 

それではこの在留資格「家族滞在」の取得のための条件をみてみましょう。
海外から日本へ呼ぶ場合ですので、今回の手続き名は「在留資格認定証明書交付申請」です。

収入について
住居について
結婚について

大きく分けてこの3点が必要となります。
では、ひとつずつみてみましょう。

 

収入について

この「家族滞在」という在留資格は、日本で働いている外国人の扶養家族を受け入れるための制度です。
ですので、審査の対象となるのは扶養者の収入のみとなります。

このストーリーの場合だと、ミハイルさんの収入となります。
ミハイルさんは雑貨店を経営していますので、お店の経営状況も重要です。

幸い、お店は順調に売り上げを伸ばしているようですので安心ですね。
順調な状態を書類で証明します。

収入以外に預貯金を含めても大丈夫です。
ご夫婦2人で生活をするのに必要な収入、と、漠然としていますが、賃貸や持ち家、また、親と同居しているなど、個々の状況により変わります。

〈収入について必要な書類〉

会社経営者の場合は、会社の決算書、登記事項証明書、給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表など
住民税の課税証明書及び納税証明書
預貯金通帳のコピー

日本にいる外国人の方が会社員(サラリーマン)でしたら、在職証明書を提出します。
また、就職してまだ1年経っていないときは、納税証明書が提出できません。
給与明細等で補いますが、納税証明書は必須の書類ですので、提出できないときは説明が必要です。

 

住居について

ご家族を日本に呼んで、ちゃんと住む場所が確保されているかどうかも大事なところです。
一緒に住んでいる外国人がいる場合は特に、本当に住める? と思われます。
また、申請書には「同居者」を書く欄もあります。一緒に住んでいる人がいるのに記入がないと、あらぬ誤解を招きますので、書き忘れのないように気を付けましょう。

「お部屋はちゃんとあります」を書類で証明します。
(住居についての書類は任意書類ではあります。)

〈住居について必要な書類〉

賃貸の場合→賃貸借契約書のコピー
所有の場合→登記事項証明書(土地、建物)

 

結婚について

「配偶者」を呼びますので、申請をするときに、法律上の婚姻関係にあることが必要です。
内縁、死別、離婚した場合は「配偶者」となりません。

ミハイルさんとソフィアさんはロシアで結婚されていますので、ロシアでの証明書を提出します。

〈結婚について必要な書類〉

結婚証明書又は出生証明書など(婚姻関係が証明できるもの)
(ロシア語の証明書は、日本語の翻訳文もつけます)

国籍によって提出する書類が変わります。
それは国によって発行している証明書が違うからです。
考え方としては、夫婦関係が公の書面として確認できることです。

 

以上が条件です。

 

必要な書類についてはその他にもあります。

申請書
在留カードやパスポートのコピー
申請書に貼る写真(日本に呼ぶ人のもの)
住民票 

などです。

 

まだまだ新婚のミハイルさんとソフィアさん。
お休みを利用して短期滞在ビザを取得し、
来日
することにしました。
必要なロシアの書類は一緒に持ってきてもらいます。
(郵送してもらっても問題ありません)

 

そして必要な書類が揃ったら入国管理局に申請します。

 

在留資格の審査結果が出る日数

早く結果が出てほしいところですが、どのくらい待てば結果がわかるのでしょうか。

平成29年度から法務省が、在留審査の処理期間の平均日数を公表しています。
標準処理期間として出ているのは、1~3ヶ月と開きがあります。→ 参考:在留資格認定証明書交付申請

 

【実際の審査結果が出るまでの平均日数(認定証明書:呼び寄せ)】
平成29年10月~12月許可分 40.2日  参考:在留審査処理期間(日数)
平成30年 1月~ 3月許可分 39.9日  参考:在留審査処理期間(日数)
平成30年 4月~ 6月許可分 39.1日  参考:在留審査処理期間(日数)
平成30年 7月~ 9月許可分 48.1日  参考:在留審査処理期間(日数)

 

40~50日といったところですね。

 

大まかに、その後の流れです。

1.結果は申請書に署名をしたミハイルさんのご自宅へ届きます。
許可の場合は、認定証明書が送られてきます。
(行政書士事務所へ代行を依頼した場合は、事務所から認定証明書を受け取ります)

2.認定証明書はなくさないように、ソフィアさんのいるロシアへ郵送します。

3.ソフィアさんは、日本から届いた認定証明書と、パスポート等必要な書類を持ってロシアにある日本大使館/総領事館で申請します。

4.日本大使館/総領事館での審査が終わったら、提出していたパスポートを取りに行きます。

5.ビザ発給後、3ヶ月以内に日本に入国します。

 

 

さて、その後の2人は・・・
待ちに待ったソフィアさんが来日しました!
やっと二人一緒の生活が日本でスタートしました。

 


ソフィアさんは時々、大阪にあるミハイルさんの雑貨店で、アルバイト定員さんと共にお店に出ています。
休日は2人で食い倒れ大阪の食べ物を堪能中です。

 

無事に許可が出て良かったですね。
どうぞ末永くお幸せに!

 

◎在留資格「家族滞在」については、こちらも参考にどうぞ。⇒ 配偶者、子どもと日本で暮らす〈家族滞在-Dependent〉
◎「認定証明書交付申請」については、こちらも参考にどうぞ。⇒ 認定証明書交付申請

Follow me!