在留資格とは、

日本がどのような外国人を受け入れるかについて、その外国人が日本で行おうとする活動の観点から類型化して定めたものです。

在留資格の種類 2

 

上陸が許可されるための要件の一つとして、外国人の行おうとする活動が出入国管理及び難民認定法に定める在留資格のいずれかに該当していることが求められており、そのいずれかに該当していないときは上陸が許可されないことがあります。

〈上陸のための条件(出入国管理及び難民認定法7条)〉

 

(1)パスポート及び査証が有効であること

 

(2)以下の3つ
ア.活動が虚偽のものではない
イ.日本で行おうとする活動内容が法で定める在留資格のいずれかに該当すること → 在留資格の種類(上記の表を参照)
ウ.法務省令で定める基準に適合すること(上陸許可基準適合性)
上陸許可基準とは、日本の産業及び国民生活に与える影響やその他の事情を考慮した、その在留資格を得るための基準のことです(出入国管理及び難民認定法7条1項2号の基準を定める省令

 

(3)在留期間が法務省令の基準に適合するものであること

 

(4)上陸拒否事由に該当しないこと